多くの評論家が最下位候補に挙げた福岡 なぜ躍進? さらなる浮上も

西日本スポーツ

 今季序盤のJ1で大きなサプライズとなっているのが、サガン鳥栖とアビスパ福岡だ。両クラブともに14試合を消化し、鳥栖は勝ち点27を積み上げて4位。福岡はJ1でクラブ初の4連勝を果たし、同22で6位まで順位を上げた。

 一方、大分トリニータは7連敗を喫するなど苦しんでおり、同8で降格圏の17位と低迷している。西日本スポーツ評論家の中払大介氏に、鳥栖と福岡の強さの秘密、大分の浮上の鍵を語ってもらった。

【アビスパ福岡編】

 開幕前は多くの評論家が福岡を最下位候補に挙げていたと思う。実際に開幕の名古屋戦は1―2の点差以上に力の差を感じさせる厳しい内容だったが、高い修正力で試合を重ねるたびにJ1のスピードに慣れ、自信をもって自分たちの持ち味を出せるようになった。

 名古屋戦では右サイドバックのサロモンソンの裏を突かれて劣勢に回った。サロモンソンを諦めて別の選手を使う選択肢もあった中でアグレッシブな攻め上がりや正確なセットプレーが持ち味の彼の長所を生かす方向へと修正した。具体的には攻守のメリハリ。守備のときはブロックをしっかり敷いて守り、ここぞというときにサロモンソン、志知らサイドバックの選手らも攻め上がる。

 全員攻撃、全員守備がJ2だった昨季以上に徹底されており、「ここぞ」の流れを読む力が抜群。ピッチに立った選手全員が意思統一されており、同じ絵を描けている。

 今後はカップ戦も含めた出場4試合で3ゴールを挙げたマリのゴール量産に期待したい。各国のリーグで必ず結果を出してきたストライカー。ハードワークを求める長谷部監督のサッカーにうまく適合できれば、チームはさらなる浮上ができるだろう。(西日本スポーツ評論家)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング