降格圏に低迷する大分、浮上のカギは? ボール持てている印象だが…

西日本スポーツ

 今季序盤のJ1で大きなサプライズとなっているのが、サガン鳥栖とアビスパ福岡だ。両クラブともに14試合を消化し、鳥栖は勝ち点27を積み上げて4位。福岡はJ1でクラブ初の4連勝を果たし、同22で6位まで順位を上げた。

 一方、大分トリニータは7連敗を喫するなど苦しんでおり、同8で降格圏の17位と低迷している。西日本スポーツ評論家の中払大介氏に、鳥栖と福岡の強さの秘密、大分の浮上の鍵を語ってもらった。

【大分トリニータ編】

 昨季の3バックの中心だった鈴木と岩田がいなくなった穴を埋めきれていない。12試合で8得点とゴールも奪えていないが、点を取れない間に守備が耐えきれずに失点するパターンが多い。

 ボールはある程度、持てているという印象ながら「持たされている」という一面もある。ボールを保持したときにシュートで終わらせる回数を増やさないと、カウンターで得点を奪われる悪循環に陥ってしまう。そこを改善しないと勝ち点を取るのは難しくなる。ここまで1ゴールにとどまっている新加入の長沢の奮起に期待したい。

 昨季までJ1で結果を残しただけに、ボールをつなぐ戦い方は研究されている。昨季は田中達ら、個で苦しい局面を打開できる選手がいた。今季も一人で状況を変えられるような選手が出てきてほしい。

 今季は4クラブがJ2に降格する。大分は現在17位だが、17~20位の降格圏と16位の勝ち点差が少しずつ開いているのが気になる。降格圏を早めに抜け出さなければ一層、厳しくなる。まずは守備陣が踏ん張り、0で抑える試合を増やすこと。そうすれば最低限の勝ち点1を上積みできる。(西日本スポーツ評論家)

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング