出塁率を上げるには? 栗原にあって周東にないもの/秋山幸二

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-4ロッテ(11日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・秋山幸二の視点】

 敗戦の中で、3盗塁の周東は求められている部分で最高の仕事をした。相手先発の二木には開幕戦で本塁打を含む2安打を放っており、いいイメージで臨めた面もあっただろう。昨季がそうだったように、盗塁が決まりだすと止まらないだけに楽しみだ。

 盗塁を増やすために必要なのは当然、出塁率の向上だ。打者周東は内角に遠くへ飛ばせる「つぼ」を持っている。これは栗原と同じ。ただ栗原は反対方向へ安打を打てる。周東に求められるのは、そんな技術だ。イチローは三塁や遊撃へのゴロをその俊足で何度も内野安打にした。何千安打も放った打者でも、きれいなヒットばかりではない。

 もちろんフライではなくゴロを打ってほしいし、粘って四球を選ぶことも大切。技術があってこそ、それを生かす精神力も有効になる。そのためには、日ごろから意味のある練習を積み重ねていくしかない。

 最後に武田について。2勝目を挙げた前回の1軍登板ではカーブの割合を減らした新スタイルを見せたが、その時よりさらにカーブが減った。打者目線だと、あの大きく落ちるカーブは安打に一番しづらい。もっと使うべきだと思う。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ