モイネロがまさかのセーブ失敗 ビッグイニングの応酬の大乱戦も痛恨ドロー

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-8ロッテ(12日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは甲斐の2ランなどで7回に一挙5点を奪って再逆転に成功しながら、9回を託したモイネロが2点のリードを守り切れずに引き分けた。

 2回に柳田の右前打を皮切りに1点を先制し、3回は柳田が岩下のフォークを右翼席上段に突き刺す特大の7号2ラン。先発の和田も4回までパーフェクトと快調だったが、5回に一変。レアードの3ランなど7安打を集められ、今季自己最多の6失点で逆転を許して、この回途中で降板した。

 7回に攻撃陣が再び奮起し、3番手ハーマンを攻略した。1死から周東の四球と二盗、牧原大の左前打などでチャンスをつくり、栗原の左犠飛、柳田と中村晃の連続長短打で同点。さらに打撃好調の甲斐が勝ち越しの4号2ランを左中間席へ運んだ。

 2点リードの9回はモイネロを投入したが、牧原大がレアードの三ゴロを一塁に悪送球。岡の四球と犠打で1死二、三塁とされ、代打エチェバリアの適時打と荻野の中犠飛で追い付かれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ