辻監督も「嫌な予感」した…明暗分けた攻防 西武は楽天に8試合勝てず

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆楽天4-3西武(12日、楽天生命パーク宮城)

 4回に刻まれた「4」があまりにも重くのしかかった。西武は9回2死から最後の粘りを見せたが、頼みの中村が右飛に倒れた。1点差惜敗で楽天には開幕から8戦勝ちなし(6敗2分け)。辻監督は明暗を分けた4回の攻防を苦々しく振り返った。

 「やっぱり2点取った後、試合の流れからいってあそこを抑えないと。先頭打者への四球から嫌な予感。3点目は仕方ないとしても4点目はね。4点目が痛かった」

 4回に山川の3号2ランで先制。その裏、今季初先発のニールがつかまった。先頭四球から打者4人であっという間の3失点。1死走者なしとなったが、茂木の左中間三塁打と小郷のスクイズでもう1点を追加された。

 11日も初回に2点を先制したが、直後に追いつかれた。辻監督は「先制点を取って『よし』というところの逆転劇だからそこをどうにかしないといけない。点を取った後に死に物狂いで0点に抑える。これがうちの今の課題」と語気を強めた。

 楽天を苦手としたままではV奪還が遠のく。次の対戦は交流戦明け。「次は勝ちます」。指揮官が重い足取りで杜(もり)の都から引き揚げた。 (小畑大悟)

 西武・ニール(6回4失点で今季初黒星)「1軍での初登板で全体的には悪くなかった。ただ、失点をした4回はいろんなことがかみ合わず、自分にとっては悪いことが重なった。それが野球だし仕方ないけど、少しの何かが変わっていれば、結果も違っていたのかなと思う」

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング