ソフトバンク2軍本拠地スタッフがコロナ陽性 チームは予定通りの活動継続

西日本スポーツ

 ソフトバンクは13日、福岡県筑後市のファーム施設で従事する30歳代の男性スタッフが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。発熱などの症状はないという。

 球団によると、当該スタッフは12日に監督やコーチらも受けるPCR検査を受検したところ、陽性判定が明らかになった。現在、所轄の保健所による濃厚接触者の判定を待っているほか、当該スタッフと近接したロッカーを使用していた別のスタッフの自主隔離措置を執っている。

 なお12日検査分のその他の受検者は陰性判定だった。

 球団は就業場所での業務状況に踏まえて、今回の陽性判定がチーム活動に与える影響はなく、チームは予定通りの活動を継続するとした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ