【Fの推し増し】「トイレで殴り合い」HKT新曲センター2人に不仲説?  (2ページ目)

西日本新聞 古川 泰裕

24人での振り付け、珍事が発生

 -W選抜に分けた意味とは。

 田中「選抜が多いなと思いました。合わせたら24人だけど、1チームは12人なので、いい意味でいろんな人が注目してもらえるんじゃないかなって思う。24人で披露した時も、それぞれペアが作られていて。私となっぴがペアだったり…。それぞれ振りは違うけど、一緒に踊る振りもあるので…。新鮮というか、今までにないことなので楽しいです」

 -二つの選抜が一つになって披露することもある?

 田中「はい」

 運上「面白い」

 田中「24人なので一人一人ペアがあるはずなのに、村重(杏奈)さんだけペアの相手がいなかったんです(笑)」

 運上「それ、けっこう面白かったですよ。振付師の方も振り入れの時に気づいたらしくて。『え? いないんですか!?』って(笑)」

 田中「後ろの方が、立ち位置がごちゃごちゃになっちゃっていたらしくて。ゆっくり、いったん整理しましょうってなって、整理した時、『あれ? 村重さんだけペアがいなくない?』みたいな。実は村重さんだけソロダンスをしていた(笑)」

 -12人ずつだからペアは必ずできるんじゃない?

 田中「そうなんですけど…」

 運上「何か違ったんですよね」

 田中「何か立ち位置があれで、村重さん1人だったんですよ」

 運上「改善されたのかもしれないけど」

 田中「改善されていたらいいなと思います」

 -W選抜の分け方を聞いた時は。

 運上「やっぱり先輩たちはベテランなので、きっとMVとかも、出来栄えがいい作品になるんだろうなと思って。負けていられないというか、次世代じゃないですけど、HKTのこれからを、ファンの人にも安心してもらえるような作品を作らなきゃなって」

 田中「自分は『あ、もうこっちのチームなんだ』『こっち側になるんだ』っていう気持ちがあって。フレッシュメンバーでつくられる『みずほ』選抜は、初々しくて何をやってもプラスになる。フレッシュだな、初々しいなってなると思うので、逆に『つばめ』は大人の余裕というか。今まで築き上げてきたHKTの良さと、どこか余裕が感じられるようなものにしたいなと思った。『みずほ』に負けないぞという気持ちで、大人の余裕で頑張りました(笑)」

 -競い合う形にはならなかったが、互いに意識して作品づくりに臨んだ。

 田中「それが一緒になったとき、もっとすてきなものができると思ったら、いいなと思いました」

「君とどこかへ行きたい」MV冒頭の田中美久ⓒMercury

MVの終わりにも仕掛けが

 -JR九州とのキャンペーン「もっと!みんなの九州プロジェクト」のテーマソングになった。

 田中「こうやって引き続きコラボレーションさせていただけるとは思っていなかったのですごくありがたいですし、博多駅でも映像などが流れていて、とってもうれしいです」

 運上「これを機に九州を盛り上げるお手伝いができればいいなと思いますし、HKTを知ってくれる人が増えるといいなと思います。良い方向に行くといいな、と思いながら」

 -MV撮影の思い出は。

 田中「最初のシーンの、なっぴの変顔は忘れられないですねぇ…」

 運上「いや、もっとありますよ絶対(笑)。ちょっと考えてください」

 田中「ちょっと考えますね」

 -頭皮しか見えない。

 田中「JRさんとコラボさせていただいているので、普段は立ち入りできない熊本車両センターでも撮影させてもらった。こういう機会じゃないと絶対行けないので、それはすごく新鮮でした。メンバーもスタッフさんも絶対にヘルメットを着けなくちゃいけなくて。すごかったです。熊本っていうのもうれしかったです。地元なので」

 -「みずほ」のMVは鉄道での旅のシーンが多い。

 運上「(渡部)愛加里ちゃんと(上島)楓ちゃんと、いろんな所に行ったんですけど、実際に地元の人が乗っている電車に、一緒に乗って『すいません』って言って撮影して。自然と3人でしゃべっているシーンを撮影してもらっているので『女子旅』をしている感覚で。今までのMVより自然体で撮ってもらったので、楽しんで撮影できたなって思います。あと『旅行中』に撮影した写真をアップするインスタグラム(MVにも登場)も実際にあるので、要チェックですね。あとそうだ、MVの最後に…」

 田中「あ、そうなんですよ。初めて言うんですけど、MVの終わりの敬礼した後、曲名のタイトルがポンって出て終わるんですけど、『つばめ』のMVは私が書かせてもらって、『みずほ』のMVでは、なっぴが書いているんです。よく見たら違うっていう。私が知っている中でも、2、3人くらいの人しか気付いていなかった。初解禁」

 運上「みんな気づくと思ったら、意外と気づかなかった」

 田中「メンバーの字までは把握できないかな(笑)。工夫されているところが、いっぱいあります」

 -MVの見どころは。

 運上「これは意図して作ったものかどうかは分からないんですけど、『みずほ』のMVで楓ちゃんたちと敬礼したんですよ。(同時に再生すると)『つばめ』のMVで、その後に(森保)まどかさんが敬礼するシーンが映るんです。楓ちゃんとかと話したのは、今のHKTと、卒業されるまどかさん…『敬礼で別れを表しているんじゃないかな』って。勝手にそう思っているだけかもしれないけど、そう考えるとすごく感慨深くて。注目してほしいなって思います」

 田中「一緒だ。泣いちゃう。自分もそこなんですけど、他のシーンだったら…走るところかな。サビで、私となっぴが走って、出会って『発車ベルが鳴る』って歌っているんですよ」

 運上「実際は」

 田中「両方のMVを見たら、私となっぴが走って行って、出会ってハートをつくっているんです」

 -そこも24人バージョンで…。

 運上「やらないと伝わらないけど」

 田中「1サビは歩いているけど、最後のサビは走っている、盛り上がっていく感じが一番好きですね」

 -ライブでも盛り上がりそう。

 田中「イントロが落ち着いているので…今はできないですけど…」

 -前後に揺れるペンライトが想像できる。

 田中「そうなんですよ。イントロが『チャン♬』って終わって、そこから『オイ!オイ!』って声が上がるのが想像できちゃって。早く、いつか声も出せるようになってライブができたらいいなと思います」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング