石川、大好き札幌で開幕戦以来の2勝目パワーカーブで要所締める

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-5ソフトバンク(14日、札幌ドーム)

 1点を先制してもらった直後の5回、石川が真骨頂を発揮した。9番の宇佐見は初球の真っすぐで三邪飛。続く五十幡は2球目の直球で左飛に打ち取り、最後は杉谷を4球目のパワーカーブで空振り三振。わずか7球、時間にして2分半足らずで、この試合で最初の三者凡退でテンポアップした。開幕戦以来の2勝目へ、重要なイニングをあっさりと乗り越えた。

 大好きな札幌で相性通りの好投を披露した。敵地札幌ドームでは過去7試合に登板して3勝0敗で被本塁打ゼロ。「そんなに意識はしていない」と右腕は口にしていたが、工藤監督は「好印象がプラスに働いてくれたら」とデータ通りの投球を期待した。

 立ち上がりは我慢の投球。2回までに3安打を浴びながらも、2回2死一、三塁では宇佐見をパワーカーブで三ゴロに打ち取るなど要所を締めた。3回は1死から杉谷に死球を与えたが、近藤への4球目に二盗を狙った杉谷を甲斐が「キャノン」発動でタッチアウト。バックにも助けられながら、石川はスコアボードにゼロを並べていった。

 初の開幕投手を務めた石川は、ここまで登板した7試合中6試合でクオリティースタート(QS、6回以上、自責点3以下)をマークしながら、6戦続けて白星から見放されていた。加えてチームは5カード続けて初戦の白星がなかった。週末のカード初戦を任される開幕投手としては不本意な現実。今回もプレッシャーのかかるマウンドになったが「いつも通りテンポよく投げられたら」と平常心を崩さなかった。

 リードを4点に広げてもらった6回も4番中田から3打席連続の空振り三振を奪うなど、相手中軸を全く寄せ付けなかった。しかし7回、先頭の大田に札幌では自身初の被弾となるソロ本塁打を浴び、2死から五十幡に適時三塁打を打たれたところで降板。被安打6、2失点で開幕戦以来の2勝目を挙げた。「いつも通りテンポ良く投げることを心掛けました。気持ちと体がうまく一致しない部分はありましたが、今日の反省を次の登板に生かしたいと思います。次も頑張ります」と先を見据えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ