なぜ辻監督は「監督がヘボですわ」と言ったのか? 5位転落した西武の現状

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ロッテ4-4西武(14日、ZOZOマリンスタジアム)

 またしてもリードを守り切れなかった。2点リードの9回。ギャレットがレアードに同点2ランを浴びた。さらに2死満塁とサヨナラ負けの危機を招いたが、何とか森脇が踏ん張って引き分け。辻監督は「勝ち切れなかった」と唇をかんだ。

 「なかなかチャンスをつくりながらも点を取れなかった。取れるときに取らないと。監督ヘボですわ」。自嘲した指揮官は敗因に拙攻を挙げた。

4回は3連打で1点を取った後、無死二、三塁から追加点なし。9回も1死一、三塁とダメ押しのチャンスをつくったが、無得点に終わっていた。

 今季は守護神の増田が安定感を欠き、セーブが付く場面で3度失敗し2軍再調整中。代役を託されたギャレットも初めての失敗となった。「(高橋)光成もあそこまで頑張っていたから。あと(勝ちパターンの)2人で抑え切れれば勝てたわけだから。いるメンバーで最善を尽くした結果がこれ」と話した。

 2連敗を止めることができず、オリックスと入れ替わって5位転落。勝ち試合を取りこぼしてのドローに、チームは重苦しいムードに包まれた。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング