長谷川「代打の気持ちで」“左封じ”破り貴重な一打

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-5ソフトバンク(14日、札幌ドーム)

 3試合ぶりにスタメン起用された長谷川が、勝利を大きく引き寄せる2点二塁打を放った。

 6回に1点を奪い、なおも1死二、三塁。代わったばかりの2番手公文が投じた高めのスライダーを捉えて左中間を破った。「代打での1打席勝負というような気持ちで打席に入った。いい集中力を出せたと思う」。頼れるベテランがさすがの一振りを見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ