橋本年光が逆転で予選首位通過 西スポ杯 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG3マスターズリーグ第1戦「西スポ杯争奪芦屋カップ」は15日、4日間の予選が終了。準優メンバーが出そろった。3日目まで3位だった橋本年光が、4日目の1走も大崩れなく2着で締めて予選トップ通過。大平誉史明と中辻博訓が7.86で並び、上位着順の差で大平が2位。この3人が、それぞれ準優1枠を獲得した。2位で4日目を迎えた白水勝也は後半5Rの5着が響き5位に後退。平石和男が連勝で大きく順位を上げた。最終ボーダーは福田雅一の5.67まで下降。前日までの下位からは、中野和裕と福田の2人が勝負駆けに成功。宮迫暢彦が次点に泣いた。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング