佐々木朗希のデビュー戦白星を8回に阻止 西武が執念ドローで4位浮上

西日本スポーツ

 ◆ロッテ6-6西武(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 西武が終盤に2点差を追い付いて引き分け、4位に浮上した。

 先発の平井が初回に荻野の先頭打者本塁打とマーティンの2者連続本塁打を浴びるなど、2回までに4失点。4回降板となった。

 ロッテ2年目、注目のプロ初登板となった佐々木朗に対し、打線は3回から反撃。敵失を足掛かりに若林、源田の連続適時打などで3点を返すと、5回に暴投の間に追いついた。

 直後にマーティンの2ランで勝ち越され、佐々木朗は勝利投手の権利を持って5回降板。それでも8回2死一、三塁、スパンジェンバーグが右前打。三走の木村に続き、一走の呉念庭も生還して追い付き、佐々木朗の初白星を消した。ロッテは同点の9回2死一塁、代走・和田の二盗が失敗に終わった。

 佐々木朗のこの日最速は154キロだった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング