ソフトバンク微妙判定に泣く 上林の特大弾は幻…終盤追いつきドローも2位後退

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-2ソフトバンク(16日、札幌ドーム)

 ソフトバンクがドローも、勝った楽天と入れ替わり、ゲーム差なしの2位に後退した。

 初回に2番上林が右翼ポール際に放った大飛球がファウルの判定。微妙な判定だったが、リプレー検証でも結果は覆らなかった。

 粘投の先発二保だったが5回に四死球も絡んで2点を失い、この回限りで降板。日本ハム先発の上沢に苦しんだ打線は7回、明石の中前2点打で追いついた。

 同点の9回、モイネロが2死満塁のピンチを迎えたが、樋口を空振り三振に仕留めて切り抜けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ