「ピョンピョン跳べるように」パラマラソン道下美里、44歳の走法改革

西日本スポーツ 林 原弘

 マラソン視覚障害女子の世界記録保持者で、2度目の出場で初のパラ大会優勝を狙う道下美里(44)=三井住友海上、福岡県太宰府市在住=が西日本スポーツのインタビューに応じた。東京パラリンピック開幕まで100日を切った現在の心境を明かすとともに、ランナーや職場の「仲間」への感謝と恩返しとなる金メダルへの意気込みを示した。 (聞き手・構成=林 原弘)

 食生活変えて故障減少

 -昨年12月の防府読売マラソンで世界記録を更新。その後の調整は。

 小さい体(身長144センチ)を生かしてピョンピョン跳べるように、ストライドを大きくしました。

 -本来はピッチ走法。

 1分間に230から240くらいでかなりのピッチ数。増やすよりはストライドを伸ばそうと考えました。

 -もともとの長さは。

 110センチくらいでレース後半は120センチ台。以前は後半に100センチを切ることもありました。

 -コロナ禍の影響は。

 練習相手を伴走者ともう一人いるかいないかに絞っています。以前は4、5人が普通でした。

 -日本代表の合宿も。

 4月末から5月初めの長野・菅平での合宿では3万メートル(トラック)で自己記録が出ました。

 -本番にかなりの手応えがありそう。

 昨年からの食生活の見直しや筋トレの継続が形になっています。

 -食生活を変えた?

 故障が年齢とともに多くなったので、特にタンパク質をバランスよく摂取しています。肉でも鶏、牛、豚といろんな種類を選び、大豆、卵など違うタンパク源を一日のうちに全部取ると、故障が減りました。

 -東京は試走済み。

 2019年の9月5日(本番でマラソンが行われる日)くらいと18年の同じ日です。

 -最後に厳しい上りがある。

 ピッチ走法なので淡々と上っていけます。上りは好きです。

 -暑さは。

 すごく暑い福岡で練習をしたので大丈夫。昨年はコロナ禍で(練習拠点の福岡市の)大濠公園ではあまり走れませんでしたが、山などの人が少ないところで走り込めました。おかげでかなり脚力はつきました。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング