ソフトバンク4連勝 牧原の好走塁で連続勝ち越し

西日本スポーツ

 ◆西武5-6ソフトバンク(19日、メットライフドーム)

 ソフトバンクが接戦を制した。1分けを挟んで4連勝。2カード連続で勝ち越した。

 中村晃が会心のスイングで初球を仕留めた。5回2死二塁から敵失の間に1点を勝ち越し、4番柳田の申告敬遠でなお一、二塁。「チャンスだったので、初球から思い切って打ちにいった」。中村晃が低めの直球を捉えた2点三塁打で拳を握った。

 今季初対戦の今井に対し、昨季は6打数5安打の好相性だった。柳田も昨季8打数3安打と得意にしていたが、西武ベンチはその数字をはるかに上回る中村晃との勝負を選択。3試合ぶりの打点で、そのもくろみも見事に打ち砕いた。

 ともに守備のミスが続く締まらない試合展開の中、12日以来の5番で存在感を発揮した。2回に死球を受けたが、4回も四球で出塁して2死から甲斐の左翼線二塁打で一塁から生還。5回はバットで走者をかえす役目をきっちり果たした。

 今季は4月終了時点で打率2割3分9厘と苦しんだものの、試合前時点の5月の月間打率は3割2分5厘と本来の姿が戻ってきた。打線の援護を受けた先発の松本も5回を5安打2失点と粘り強く投げ、リードを守ってマウンドを譲った。

 6回に津森が1点を失い、7回に泉が失策絡みで同点とされたが、9回に松田の二塁打と犠打で1死三塁として、代打長谷川の浅い左犠飛で代走牧原大が勝ち越しの生還。最後はモイネロが抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ