西武・高橋光成、負けなしハーラートップタイ5勝目 山川「どすこい」、中村2点二塁打

西日本新聞

 ◆西武7-1日本ハム(21日、メットライフドーム)

 西武は2回、山川に今季本拠地初アーチが飛び出した。先頭で打席に立った山川は、日本ハム先発の伊藤の初球、高め直球を強振。高々と舞い上がった打球は、ゆっくりと左中間スタンドに飛び込んだ。先制の4号ソロ。ファンに向かっておなじみの「どすこい」ポーズを見せ、「打ててよかったです」と喜んだ。

 同点に追いつかれた直後の5回には、4番の中村が値千金の勝ち越し2点二塁打。1死二、三塁で変化球を捉えると、打球は左翼手の頭上を越えた。呉念庭スパンジェンバーグにも適時打が飛び出し、この回一挙5得点を挙げた。

 投げては今季負けなしの先発高橋も安定感のある投球を披露した。「頑張って長いイニングを投げられるようにしたい」と臨んだマウンドは2~4回を無安打で切り抜けるなど変化球がさえた。

 5回は同点に追い付かれ、なお2死一、三塁のピンチで五十幡をフォークで空振り三振に仕留め、その裏のビッグイニングにつなげた。高橋は6、7回も無失点に抑えてマウンドを救援陣に譲り、ハーラートップタイの5勝目を挙げた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング