ソフトバンクが柳田の4打点などで快勝 初回の先制3ランに「たまたま」 快投のマルティネスは本拠地初勝利

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-2オリックス(22日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは4番柳田が先制3ランなどで4打点をたたきだし、先発のマルティネスも5回までノーヒットの快投。投打がかみ合って、ホームで今季初めて無観客で開催されたカード初戦を快勝した。

 初回に初めて2番に入った甲斐の四球と二盗、栗原の右前打で一死一、三塁とし、柳田の豪快な9号3ランで先制した。

 オリックス先発の田嶋の内角直球を右翼席中段へ運んだ3試合ぶりの一発。打球の行方を確認して、ゆっくり走りだした確信弾を「ホームランになったのはたたまたまです」と振り返り、3回の第2打席でも左前への適時打を放った。

 6回にはバレンティンの右中間フェンス直撃の適時二塁打などで3点を追加。先発のマルティネスも立ち上がりから快調に飛ばし、7回を2安打無失点の快投で本拠地初勝利となる今季3勝目を手にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ