正代、大関対決に敗れ8勝6敗 千秋楽は優勝争う遠藤と

西日本スポーツ

 ◆大相撲夏場所14日目(22日、東京・両国国技館)

 正代(熊本県宇土市出身)は大関対決に敗れた。

 出足と力強い当たりで貴景勝をはじき返して前へ出たが、突き落とされた。「いい立ち合いはできたが(体が)伸びきってしまったというか。それで2歩目、3歩目が浅かった」。反省も込めながら振り返った。

 目の前で照ノ富士が敗れ、優勝争いに踏みとどまった貴景勝に対し、かど番を脱したとはいえ8勝6敗。千秋楽は遠藤との対戦が組まれた。来場所につなげる白星と大関の意地をファンは待っている。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング