ラグビー福岡堅樹の引退は「もったいない」日本代表が未練「コーチ陣みんな言っている」

西日本スポーツ

 医師への道を歩むため、今季限りで現役を退くラグビー元日本代表WTB福岡堅樹(パナソニック)=福岡県古賀市出身=が有終の美を飾った。23日、日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝でサントリーに31-26で勝利。自らもトライを決めたスピードスターが、ラグビー人生で初の日本一を置き土産にして惜しまれつつジャージーを脱いだ。

   ◇   ◇

 日本代表強化を担当する日本協会の藤井雄一郎ディレクターも福岡の引退を惜しんだ。この日はテレビ観戦し「(プレーを見て)改めて(引退は)もったいないと思った。日本代表のコーチ陣はみんな言っている」と漏らした。

 2年前のW杯を振り返り「あの足の速さは(探しても)出てこない。自己管理もしっかりしていた」と希少な存在だと改めて評価。日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の続投が決まった際、同HCから引退撤回の説得も頼まれただけに「もしも気が変わったら、ぜひ戻ってきてもらいたい」と未練も口にした。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング