ソフトバンク電光石火、プレーボール8球で得点 完封負けから一転

西日本スポーツ

 ◆中日-ソフトバンク(26日、バンテリンドームナゴヤ)

 25日は中日柳からの完封リレーを許したソフトバンク打線が、この日はプレーボールからわずか8球で先制した。

 左腕対策で1番の川島が、追い込まれながらも4球目を右前打。2番今宮が初球で投前に犠打を決め、3番栗原が右翼線に先制二塁打を放った。

 続く柳田はいい当たりながらも一ゴロ。2死三塁から中村晃が投ゴロに倒れ、この回は結局1得点だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ