「ヘッドからの提案もあった」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆中日4-3ソフトバンク(26日、バンテリンドームナゴヤ)

 -8回は泉-海野の若いバッテリーが決勝本塁打を浴びた。

 長打、ホームランは絶対駄目だという意識があの場面でないと、これから使うのはきつくなる。そこは理解させていかないと。投手のためにも、捕手のためにも、今後を考えればあそこはいい勉強の場になったのではないかなと。打たれることはある。どうつなげるか。

 -今季初登板だった東浜の調子をどう見ていた。

 悪くはなかったと思う。真っすぐは力があったのでもっと押してもよかったのかなと。バッテリーの考えもあるけど。打たれた場面を考えると、変化球が多すぎて、真っすぐを投げきれなくて打たれているところもあった。終わってからなら何とでも言えるので。

 -7回の攻撃で甲斐に代打を出した。

 甲斐がここのところ(調子が)落ちてきているので。少しでもチャンスをつくるというときに(小久保)ヘッドからの提案もあった。ヘッドと話もして、とにかく追いつかなきゃいけないというのがあったので、あそこは思い切って代えました。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ