西武源田が新型コロナ陽性、計8選手がベンチ外れる 選手19人の異例態勢で広島戦

西日本スポーツ

 西武は27日、源田壮亮内野手(28)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 球団によると、この日37・5度の発熱があった。敵地で交流戦の広島戦に臨むため24日に広島市内に到着後、佐野、ニール、柘植、金子、木村、愛斗、熊代の選手7人と、チームスタッフ1人と接触があり、球団の判断で当該選手らは27日広島戦(マツダスタジアム)のベンチ登録を外れた。管轄の保健所が濃厚接触者を調査している。

 広島遠征に参加している監督、コーチ、選手、チームスタッフを対象に、試合前にPCR検査を行った。広島戦はベンチ登録が投手9人、野手10人で、先発野手8人を除くと控えの野手は2人だけと異例の態勢で試合に臨んだ。

 広島に新型コロナウイルスの陽性者が相次いだため25、26日に予定されていた広島-西武の2試合は延期され、27日は両チームにとって交流戦の初戦だった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング