3連敗阻止へソフトバンク連日の速攻、またも10球かからず先取点

西日本スポーツ

 ◆中日-ソフトバンク(27日、バンテリンドームナゴヤ)

 交流戦開幕2連敗を喫したソフトバンクが、二夜連続で初回に電光石火の攻撃を見せた。

 1番牧原大が中日先発勝野の4球目ストレートを左前に運ぶと、今宮は初球で犠打を成功させた。栗原は3球目で一ゴロ。2死三塁と走者を進めた。

 ここで4番柳田が内角高めの初球ストレートを捉えて中前打。わずか9球で得点した。26日の初回も小笠原から開始8球で先制したが、後続が倒れて1得点止まり。この日は先制後に上林にも適時打が生まれるなど3点を奪った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ