西武源田が新型コロナ陽性 行動履歴、濃厚接触疑いの選手など詳細

西日本スポーツ

 西武は27日、源田壮亮内野手(28)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を受けたと発表した。

 球団によると、同日午前9時ごろから発熱(37・5度)の症状があったという。24日に広島市内の宿舎に移動後、25、26日は全体練習のため球場への往復のみだった。発熱以外の症状は出ていない。

 球団は広島市内に到着後、源田と接触があったとされる選手7人とスタッフ1人を独自の判断で27日の広島戦(マツダスタジアム)のベンチから外し、宿舎待機とした。7選手は佐野泰雄投手(28)、ザック・ニール投手(32)、柘植世那捕手(23)、金子侑司外野手(31)、木村文紀外野手(32)、愛斗外野手(24)、熊代聖人外野手(32)。管轄の保健所が濃厚接触者の特定を行っている。また広島遠征に参加している首脳陣や選手、スタッフは試合前にPCR検査を受検した。

 西武の選手で新型コロナウイルスの陽性は初めて。この影響で予告先発として発表されていたニールから急きょ、ダーモディに変更した。ベンチ入りも19人で、控え野手は岡田と鈴木だけという非常事態で試合に臨んだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング