悪夢よぎった…中日福留の大飛球は辛うじてファウルに

西日本スポーツ

 ◆中日3-3ソフトバンク(27日、バンテリンドームナゴヤ)

 ソフトバンクは初回に3点を先取したが、4回に笠谷が木下拓に同点3ランを浴び降板。勝ち越せず、引き分けた。

 冷や汗をかいたのは8回。この回登板した泉が簡単に2死までこぎ着けたが、前夜決勝ソロを浴びた阿部に四球を与えた。暴投で2死二塁となって木下拓を敬遠気味に歩かせ、一、二塁で代打福留と対戦。高めに入ったツーシームを右翼ポール際への大飛球とされたが、辛うじてファウルとなった。これで追い込むと、続く内寄りのツーシームで中飛に打ち取った。

 なおも同点の9回は岩崎が三者凡退に抑え、森、モイネロの代役抑えの重責を全うした。工藤監督は「一人(走者を)出すと嫌なところ。よく抑えた」と岩崎を褒め、救援陣の無失点リレーを評価した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ