甲斐野が158キロ、自己最速にあと1キロ 昨年12月に右肘手術 2軍戦で3者三振

西日本スポーツ

 昨年12月に右肘の手術を受けたソフトバンクの甲斐野が29日、今季初めて2軍戦に登板し、自己最速にあと1キロに迫る158キロをマークした。

 ウエスタンリーグ・広島戦(タマスタ筑後)の5回に3番手でマウンドへ。先頭の桑原は140キロのフォークで見逃し三振。続く上本を156キロの直球で空振り三振に仕留めると、韮沢にはこの日最速の158キロ真っすぐを外角に決め、バットに空を切らせた。1回を3者三振と完璧な投球を見せた。

 甲斐野は1年目の2019年にチームトップの65試合に登板し、侍ジャパンでも活躍。20年は春季キャンプで右肘を故障し、1軍登板はなかった。同年12月に右肘を手術。今月8日の3軍戦で約10カ月ぶりに実戦登板を果たしていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ