自信感じるマルティネス 援護多い理由も/秋山幸二

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-3巨人(29日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・秋山幸二の視点】

 マルティネスは自分の状態に自信を持っていると感じた。初回に1番の安打、2番の一発でいきなり2点を先制された。制球などに不安があれば、そこから崩れることが多いが、3番以降には自分の投球をできていたことが逆転を呼んだ。

 日本ハム時代に比べ、球が力強くなり、テンポもいい。真っすぐも変化球も腕の振りが変わらず、しっかり振れている。特に左打者へのチェンジアップが有効だった。これも真っすぐに力があるからこそ。右腕の故障を経験したが、コンディションがいいのだろう。

 リズムの良さは、石川を参考にしたのかもしれない。守る時間が短いと、野手も打撃に集中できる。これが援護の多い理由ではないか。次は甲子園での阪神戦だと思うが、セの本拠地では打撃などやることが増える。先発陣では最も安定している右腕が今の投球を続けられるかに注目したい。

 打線が前カードの中日戦とは一転して好調なのは、本拠地で指名打者が打席に立つ従来の戦い方に戻ったのも一因だ。6回には巨人が4連打で1点を返した直後、松田の一発で突き放した。どちらも同じ1点。本塁打の力はやはり大きい。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ