和田は痛恨 巨人岡本和の「フェン直」大飛球巡りリプレー検証、判定変わって本塁打に

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-巨人(30日、ペイペイドーム)

 巨人岡本和の打球を巡りリプレー検証が行われ、当初判定が変わって本塁打となった。

 同点の5回1死、巨人は4番岡本和の高く打ち上げた打球が中堅へ。フェンス上部で跳ね返った。ペイペイドームにはホームランテラスがあり、中堅フェンス上部はオレンジ色のバーより上の箇所に当たれば本塁打となるが、本塁打とは判定されず岡本和や原監督ら巨人ベンチは不服の表情を浮かべた。

 審判団が自らリプレー検証。バーで跳ね返ったか、その上で跳ね返ったか微妙なところだったが、結果、判定は変わって本塁打が認められた。接戦の中盤に勝ち越しソロとなり、ソフトバンク先発・和田にとっては痛恨の一打となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ