「あ痛ーっ!!」柳田死球に絶叫も、相手投手に気遣い行動

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-4巨人(30日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは2点を追う9回1死一塁で打席に柳田。巨人中川の内角シュートが内角高めを襲い、身を翻して避けようとしたが、右上腕付近を直撃。無観客の球場内に「あ痛ーっ!!」と絶叫がこだました。

 トレーナーも駆け寄る中、苦悶(くもん)の表情を浮かべながら一塁へ歩く柳田。帽子を取って謝る中川には軽く手を挙げ「大丈夫大丈夫」と、大事に至っていないことをアピールした。

 とっさの気遣いが見えた一幕の後、1死一、二塁でプレー再開。ソフトバンクは長谷川の適時打で1点差としたものの、後続が倒れ、柳田は二塁に残塁し試合を終えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ