負傷交代の西武若林は左膝前十字靱帯損傷 長期離脱は避けられない状況に

西日本スポーツ

 西武は31日、若林楽人外野手(23)が左膝前十字靱帯(じんたい)損傷と診断されたと発表した。今後の治療方針は経過を見て決める。30日の阪神戦(メットライフドーム)の守備時に負傷し、東京都内の病院を受診していた。

 若林は同戦の3回、マルテの高く弾んだ中前打をはじき、転がった打球を追った際に体勢を崩して倒れ込んだ。左膝を押さえたまま立ち上がることができず、担架でベンチに運ばれて病院に直行していた。

 駒大からドラフト4位で入団した快速ルーキーは4月上旬から主に1番としてレギュラーに定着。両リーグ最多の20盗塁をマークするなど打線をけん引していたが、長期離脱は避けられない状況となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング