終盤にまさかの連続 ソフトバンクの交流戦に異変

西日本スポーツ

 ◆DeNA4ー3ソフトバンク(1日、横浜スタジアム)

 ソフトバンクは1点を先制された直後の3回1死一塁、栗原がピープルズの高く浮いたツーシームを右翼スタンドに突き刺した。5月28日の巨人戦以来となるアーチは勝ち越しの6号2ラン。4回には中村晃が2死三塁でチェンジアップを左前に運び、リードを2点に広げた。

 だが、8回からマウンドに上がった3番手松本が踏ん張れない。フェンス直撃の2本の適時打などで3点を奪われ逆転を許した。

 9回は2死から四球を選んだ牧原大に代走周東を送った。周東は横浜の三嶋の一塁けん制が悪送球となり、ファールグラウンドを転々とする間に二塁を回って三塁を狙ったがまさかのタッチアウト。ソフトバンクが過去8度の1位と得意のはずの交流戦で2勝4敗1分け。波に乗りきれない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ