まさかの幕切れ 周東が三塁欲張り試合終了

西日本スポーツ

 ◆DeNA4-3ソフトバンク(1日、横浜スタジアム)

 ソフトバンクがまさかの幕切れで連敗を喫した。

 1点を追う9回。1死から代打のバレンティンが三嶋から三振を奪われ2死となったが、牧原が四球を選び出塁した。ここで工藤監督は牧原の代走に、周東を起用。牧原もチームトップクラスの俊足を持つが、昨季盗塁王を獲得した韋駄天(いだてん)を送り出した。さらに真砂の代打として明石を送り出した。

 執念采配で得点を狙いにいった中、明石は初球の直球を見送り1ストライクとなった。その直後、周東の足を警戒した三嶋の一塁へのけん制球が悪送球に。ボールが一塁側ファウルゾーンへ転々とするのを確認した周東は自慢の俊足を飛ばし、一気に二塁も、蹴り三塁を狙った。

 だが、素早いカバーで転々とする打球を処理した二塁手の牧が三塁へ正確な送球を送ると、周東はタッチアウトとなり、これでゲームセット。三塁ベースに滑り込んだ周東はがっくりとうなだれた。

 直前の8回に2点リードから3番手の松本が3失点し逆転を許した展開もありチームに焦りが生まれたのか、仮に周東が二塁で止まっていれば一打同点の好機が生まれたいただけに、ソフトバンクにとって悔やみきれない幕切れとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ