阪神佐藤輝が甲斐キャノン突破、工藤監督リクエストも及ばず甲子園大喜び

西日本スポーツ

 ◆阪神-ソフトバンク(4日、甲子園)

 阪神の佐藤輝が、球界屈指の強肩捕手のソフトバンク甲斐から今季4個目の盗塁となる二盗を決めた。

 自らの右前適時打でリードを5点に広げた6回2死一塁。梅野への3球目でスタートを切ると、甲斐の素早い二塁送球と競争となった。ヘッドスライディングもアウトかと思われたが、ショートバウンドの送球を処理した二塁手の三森のグラブが地面から浮いた瞬間に右手でベースをタッチ。際どいタイミングでセーフとなった。

 工藤監督がリクエストを要求したが、リプレー検証でも判定は覆らず、甲子園は大いに盛り上がった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ