西武、今井がよみがえった 「おわかり君」がマウンドで経験談

西日本スポーツ

 ◆ヤクルト-西武(5日、神宮)

 西武の今井は7回3失点で降板した。立ち上がりは大苦戦。初回、無死満塁から村上に先制の中前2点打を許した。何とかこの回は後続を断ったが、2回も先頭の中村にストレートの四球。制球が安定しない中、すかさず三塁の中村が駆け寄り助言を受けた。

 ここからよみがえった今井は三者連続奪三振。6回、村上に中越えソロ本塁打を許したが、ゲームをつくった。

 今井は「立ち上がりですね…。少しマウンドが他の球場とも違ったところがあった。(中村には)神宮球場のマウンドの傾斜に関するアドバイスをもらった。交流戦を多く経験している中村さんからそう言っていただき、それ以降は投球時の歩幅を狭くしてみた。そのおかげで、その後は立ち直ることができたと思う」と中村に感謝した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング