全九州高校大会が一部中止 サッカー、柔道など18競技 沖縄県休校を受け

西日本スポーツ

 九州高校体育連盟(高体連)は、九州各地で開催を予定していた全九州高校大会の一部を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県が7日から20日までの県立学校の休校を決めたため。

 九州高体連によると、中止が決まったのはラグビーや柔道、レスリング、サッカー、新体操(女子のみ)など18競技。全国総体の出場権が懸かるサッカー女子やレスリング女子などは選出方法を検討している。同じく全国総体の切符を争う北九州高校陸上(大分)は17日に規模を縮小して開催、検討中のヨット(佐賀)や南九州陸上(熊本)、ホッケー(沖縄)は10日までに発表する。11日開幕の自転車(福岡)は開催する予定で、21日以降に始まる剣道(鹿児島)や競泳(同)なども行う方向で進めている。

 全九州高校大会は昨年もコロナ禍を受けて6、7月開催予定の競技が中止になった。

PR

高校サッカー アクセスランキング

1週間
2021/8/4 20:00 更新
1ヶ月
2021/8/4 20:00 更新

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング