真砂が初の5番起用に応える「自分で流れを変えるんだ」

西日本スポーツ

 ◆阪神2-10ソフトバンク(5日、甲子園)

 9年目の真砂が初の5番起用に応えるタイムリーを放った。相手先発の伊藤将から3月6日のオープン戦(ペイペイドーム)で本塁打を放っていた男は、5月26日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)以来のスタメン出場。2点を追う6回1死一塁、伊藤将のチェンジアップを左中間を破る適時二塁打として逆転劇ののろしを上げた。

 「ギータ(柳田)さんが塁に出て、チャンスを広げていくんだ、自分で流れを変えるんだ、という強い気持ちで打席に立ちました」。今季はスタメン出場した13試合中11試合で安打を記録している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ