尾形「非常に悔しい思いをしたので」失敗糧に無失点

西日本スポーツ

 ◆阪神2-10ソフトバンク(5日、甲子園)

 5月28日に昇格した尾形が、今季初登板で失敗を糧に1回無失点に抑えた。

 8点リードの9回に登板。先頭中野に四球を与えたが、続く陽川から真っすぐで空振り三振を奪うと落ち着きを取り戻す。最後は北條をこの日最速タイの147キロで空振り三振で抑えてガッツポーズ。支配下選手登録された昨季、プロ初登板の6月23日の西武戦(メットライフドーム)では制球を乱して1回3失点。それが昨季唯一の登板となった。「非常に悔しい思いをしたので、同じ失敗をしないようにという思いで投げました」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ