育成のキューバ出身ロドリゲス亡命か 代表戦で滞在の米国で失踪と報道

西日本スポーツ

 ソフトバンク育成のアンディ・ロドリゲス投手(22)が、キューバ代表として野球の東京五輪米大陸予選で滞在中の米フロリダ州マイアミで失踪したと、スポーツ専門局ESPNのダニエル・デ・マラス氏が5日(日本時間6日)、自身のツイッターで伝えた。亡命の可能性があり、キューバ代表から離れる選手は今回だけで4人目という。

 キューバは1次ラウンドで敗退して五輪出場を逃した。同氏が手掛けるキューバ野球情報サイト「スイング・コンプレート」によると、ロドリゲスは前日から音信不通となり、ソフトバンクも連絡を試みたが通じなかった。キューバに戻る同僚と感傷的な抱擁を交わしていたとの記述も。マイアミ郊外の都市ホームステッドには、ロドリゲスの父がいるという。

 ソフトバンクは米大陸予選に出場していたキューバ代表のモイネロデスパイネ、ロドリゲスが8日に再来日すると発表し、隔離期間を経て23日にチーム合流予定としていた。ロドリゲスは今年1月に育成契約。来日1年目の今季は2軍で4試合に登板し1勝0敗、防御率2・25の成績を残していた。

 ソフトバンクのキューバ出身選手では昨年1月、育成出身のオスカー・コラス外野手がキューバから亡命。制限選手となった後、同年12月に自由契約となった。今年3月に米大リーグのホワイトソックスと契約金270万ドル(約2億9400万円)で合意したことと、来季加入の見込みが報道されていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ