西武「悪夢の8回」今交流戦初連勝逃す アーチ攻勢も宮川大誤算

西日本スポーツ

 ◆ヤクルト9-6西武(6日、神宮)

 西武が終盤で逆転を許し、今交流戦での初の連勝とカード勝ち越しを逃した。

 西武は3回に呉念庭が2試合連続の一時逆転6号2ラン、5回に愛斗が同点の6号2ランの後、6回に岸が勝ち越しの2号ソロとアーチ攻勢を見せた。だが8回に登板した6番手の宮川が、山崎の四球、塩見の安打で無死一、二塁とされ、青木に右中間への逆転2点二塁打を浴びた。さらに代打川端にも右翼線2点二塁打を食らい、この回一挙4点を奪われた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング