ソフトバンクが阪神に快勝 工藤監督「バントで送った。そこが一番」

西日本スポーツ

 ◆阪神3-8ソフトバンク(6日、甲子園)

 このところ先行を許す展開が続いていたソフトバンクだが、序盤のリードを生かし快勝。初回に栗原の適時打で9試合ぶりに先制すると、2死から甲斐の2点打も出て3点を先取し、連勝を引き寄せた。

 試合後、工藤監督は初回の攻撃について「良かったですね。バントで送ったが、そこが一番大事かな」と満足顔。栗原の先制打の前、無死一塁で送りバントを命じた今宮が、初球で投前に決めた。「西(純)君も立ち上がりが不安定なところもあった。点を取れたら、こっちのペースでいけるかなと思っていた」と先制点の重みを説いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ