板東、安定感出てきたぞ 8試合連続無失点に工藤監督も高評価

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-1広島(8日、ペイペイドーム) 

 安定した投球を続けて評価を上げているソフトバンクの板東が重圧のかかる場面でもきっちりと仕事を果たした。

 好投した武田の後を受け、同点の8回に登板。無死から代打の坂倉を三ゴロ、続く宇草を空振り三振に仕留め、最後は打撃好調の1番菊池涼を鋭いフォークで空振り三振に仕留めた。

 今季初登板だった5月15日の日本ハム戦失点したが、これで8試合連続(7イニング)無失点。工藤監督も「内容よかったですよ。よく抑えてくれた」と評価した。森、モイネロを欠く中で、今後も大事な局面を任されることになりそうだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ