工藤監督、周東の盗塁死に「走ってアウトになるのは悪いことではない。学んでくれたらいい」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-1広島(8日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは9回の攻撃で、1死一塁から代走周東が二盗に失敗。さらに柳田が左中間寄りへの当たりで果敢に二塁を狙い、当初判定はセーフだったが相手リクエストで覆ってアウトとなった。

 試合後、工藤監督は柳田の走塁死について「(アウトは)結果であって。あそこはいかなきゃ駄目。止まっているようだとうちの野球じゃないと思う」と強調。周東の盗塁死については「走ってアウトになることが悪いことではない。あそこで(相手が)1ストライク取ったんで、バッテリーからすれば走ることを考えて1球くらい外すだろうなと。そういうのを学んでくれたらいい。様子を見てみるだけで違ったはず」。打者柳田へ1ストライクからの2球目でスタートも、相手バッテリーに外され二盗失敗。今後の糧にと望んでいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ