工藤監督「さすがだな」栗林打ちの柳町絶賛

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(9日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの工藤監督が、前日8日に広島の守護神栗林から安打を放った柳町を絶賛した。

 1-1で迎えた9回の先頭打者だった柳町は、プロ入りから開幕から20試合無失点で登板した右腕に追い込まれてもファウルで粘るなどし、10球目のフォークボールに反応。巧みにバットを合わせ中前へと運んで好機をつくった。

 得点には至らず引き分けたものの、1軍昇格日に「2番左翼」で即スタメンに抜てきされ、9回の安打を含めてチーム唯一の複数安打をマーク。自身にとっても初のマルチ安打だった。

 9日の広島戦前に報道陣の取材に応じた工藤監督は「チームで唯一だしね2本打ったのは。ずっと点を取られていない投手から10球も粘って、さすがだなと思った」と巧打が売りの2年目をあらためてたたえていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ