福岡大が8強進出 藤松が共栄大を完封 準々決勝は国学院大と 全日本大学野球選手権

西日本スポーツ

 ◆全日本大学野球選手権2回戦(9日、東京ドーム) 福岡大(九州六大学)5-0共栄大(東京新大学)

 投打がかみ合った福岡大が快勝し、ベスト8に進出した。10日の準々決勝は国学院大(東都)と神宮で対戦する。

 先発した右腕の藤松(4年・西日本短大付)が相手打線を完封。「(9回は)リードが5点あったので自分のピッチングをしようと考えた。初めて大学で完封できました」と笑った。

 2019年大会では同じ2回戦で城西国際大(千葉県)に初回に4点を奪われて降板。チームも敗退しただけに「正直、2年前を思い出しそうになったが、しっかり投げられた。あの時は変化球で逃げてしまったので、真っすぐで押していこうと話していた」と好投を振り返った。

 堀監督は「藤松がよく投げた。OBや学校関係者が積み重ねたものが、今の学生で8強という形になった。(準々決勝で)また素晴らしいチームとやれるので、胸を借りるつもりで戦う」と話した。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング