盗塁成功も捕手の送球が顔直撃で悶絶、ソフトバンク若手野手に災難

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(9日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは1点リードの3回無死から若手の成長株・三森が投手内野安打で出塁。2死後、打者柳田の時に二盗に成功した。

 この時、捕手会沢の二塁送球がワンバウンド。ベースカバーに入った菊池涼が捕りきれず、スライディングした三森はボールが顔に当たり、その場でうずくまった。

 トレーナーも駆けつけた中、三森は鼻付近を気にする様子を見せながらプレー続行。次の球を柳田が右中間への本塁打にした。三森も痛かったが、投手野村も痛恨の被弾となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ