松田、三塁手で1775試合出場 パ・リーグ新記録を樹立

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(10日、ペイペイドーム)

 16年目のソフトバンク松田が三塁手として1775試合目の出場を果たし、パ・リーグ新記録を樹立した。

 9日の広島戦で有藤(ロッテ)が持つパ・リーグ記録に並んでいた。歴代単独4位で、プロ野球記録は長嶋(巨人)の2172試合。10日は9番三塁でスタメン出場した。

 松田は岐阜・中京高から亜大を経て、大学生・社会人ドラフト希望枠で2006年にソフトバンクに入団。ゴールデングラブ賞をパ・リーグ三塁手部門で8度受賞している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ