西武内海、会心のガッツポーズの理由 白星のためには命題があった

西日本スポーツ

 ◆西武5-3DeNA(10日、メットライフドーム)

 西武の内海が5回3失点で今季初勝利を挙げた。移籍3年目で本拠地メットライフドームでは初白星となった。

 4回まで3失点。勝利投手の権利がかかった2点リードの5回も2死二塁となり、ここまで2安打のソトを迎えた。ベンチから西口投手コーチが駆け寄り、「どう転んでもソトまで」と次打者での交代を告げられたという。

 白星をつかみ取るにはソトを打ち取るしかない状況で、左翼への大きな飛球はフェンス手前で失速した。内海はグラブを何度もたたき、力強く左手を突き上げた。「ヒヤッとしたし、あそこで交代と言われていたので全力で抑えにいった。必死で頑張りました」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング