フォーム見直した三森、1番起用続くはず/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-1広島(10日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 広島先発の左腕玉村はタイミングが取りづらいタイプで、打者から見ると腕が遅れて出てくる感じ。左打者ながら玉村から3安打を放った三森以外は、ソフトバンクの打者もタイミングを取れていなかった。

 三森は左腕からこれだけの結果を出せば、右投手相手でも首脳陣は続けて1番で使うだろう。第1打席の内野安打はラッキーだったが、続く2打席はしっかりヒットゾーンに運んだ。同じ左腕の塹江からの同点三塁打は、変化球を空振りした後でほぼ同じコースに来た変化球を打ち返した。

 三森はもともとプルヒッターだ。フォームを見直し、ボールの内側を捉えてセンター中心に持っていく打撃を覚え、成長してきたようだ。周東が苦しみ、牧原大もけがで離脱。レギュラー獲得へ数少ないチャンスを生かそうとしているのは、大したものだ。

 レイは2軍戦登板が2試合だけで急ごしらえの調整だったが、ようやくどんな投手か見えてきた。コントロールが良く、球種が多彩で直球に力があり、長い回を投げられる。似ているのはチームメートのマルティネスだ。フロントには、この2投手をよくぞ獲得してくれたと感謝したい。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ