二保、2軍戦で8回完投も笑顔なし

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神4-2ソフトバンク(11日、甲子園)

 二保がウエスタンの阪神戦(甲子園)に先発し、8回を8安打4失点、121球と粘った。

 悔やんだのは8回の4失点目。無死一、三塁から2者連続三振で2死まで持ち込みながら、そこから2者連続四球で押し出し。チームが2-4で敗れる完投負けに「最後に根気負け。9回に2点差になってしまうと、味方も取り返す気になれない。あそこの1点で試合を壊してしまった。最後まで任せてもらったのに、あの1点が申し訳ない」と反省しきりだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ