柳田「まさか自分がここまで打てるとは」 通算200号達成

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(12日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの柳田が節目の通算200本塁打をマークした。

 4回にヤクルトの先発小川が投じた外角高めのチェンジアップを捉えて、左中間席へと運ぶ14号ソロで達成。史上110人目。笑顔でダイヤモンドを一周すると、ベンチ前で記念ボードを掲げ、両軍ベンチから拍手が起こった。

 「ここ最近、力みがあったので力を抜いて、丁寧に打つことを心掛けて打席に立った。いいスイングができた」とうなずいた。その上で節目については「まさか自分がここまで打てるとは思いませんでした。これからも積み重ねていけるように、まず次の一本を打つことを目標に頑張っていきます」とコメントした。

 1062試合目での達成。初本塁打は2012年8月5日の西武戦(ヤフードーム、現ペイペイドーム)で、松永から。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ